「地球環境問題を仏教に問う」―温暖化地獄を仏教・密教は救えるか― が出版されます。

平成27年12月吉日

 当機構会長山本良一(環境学者)、竹村牧男(宗教学者)、松永有慶(僧侶)が、宗教、仏教、そして真言密教は地球環境のために何ができるのだろうかを考え、その議論の中からそのヒントを探る。

カバー
【表紙イメージ】(クリックすると拡大します。)
タイトル 「地球環境問題を仏教に問う」―温暖化地獄を仏教・密教は救えるか―
著 作 者 山本良一(環境学者)、竹村牧男(宗教学者)、松永有慶(僧侶)
販   売 丸善出版
発行年月 2015年12月16日
価   格 本体2,800円+税
概   要 環境学者×宗教学者×僧侶が考える
宗教、仏教、そして真言密教は
地球環境のために何ができるのだろう

地球環境問題を解決する上で、今後避けて通れない「個人のライフスタイルの変革」。そのためのヒントを、仏教、特に空海の教えと真言密教の教義の中に探る。
一つ前のページへ戻る
ページのトップへ戻る