JAEB 第2回セミナー開催報告

 去る7月6日(月)に第2回セミナーが、主婦会館プラザエフ(四ツ谷)に於いて開催されました。
 おかげ様をもちまして、約70名の企業の皆様にご参加頂き、大変盛況な中行われました。

会場の様子

第2回セミナー会場の様子

人物写真

山本 良一 会長

 第1部では、当機構の山本良一会長による基調講演「エシカルとは何か?倫理的消費とは?」をテーマに、ご講演を頂きました。

 エシカルJAPANを推進していく当機構にとって、会長のお話は、多くの課題を我々会員に投げかけて頂きました。


 続いて第2部では、国家強靭化計画の第一人者である、京都大学教授 藤井聡先生をお招きし、「アベノミクスと国家強靭化」をテーマにご講演を頂きました。
 テレビのコメンテーターとしてもお馴染みの藤井先生のお話は、力強い語り口と辛口のコメントで会場を魅了して頂きました。
セミナーに参加された方々からの質問をにも率直にお答え頂き、会場内も大いに盛り上がりました。

人物写真

京都大学教授(内閣官房参与) 藤井 聡 氏

 第3部では、当機構会員企業である大起理化工業株式会社 大石常務取締役より、去る6月24~26日に台湾にて開催されたアジア生産性機構(APO)主催のワークショップ「エコシティ」への参加報告がされました。
 また、(独)日本貿易保険 杉本氏から中小企業の皆様が世界のさまざまな会社と取引をする上でのリスク等の例を挙げてご説明頂き、海外進出するにあたり、そのリスクヘッジとして(独)日本貿易保険の活用法などをお話し頂きました。

人物写真

大起理化工業株式会社 大石常務取締役

人物写真

(独)日本貿易保険 杉本 光秀 氏

人物写真

新星冷蔵工業株式会社 関取締役社長

 さらに会員企業の取り組みについて3社にご登壇頂きました。
まず、新星冷蔵工業株式会社の関取締役社長から今現在、フロンガスが地球に与えている影響について、また27年4月に改正された「フロン法」が抱える問題点等についてご報告頂くとともに、地球温暖化防止に於いて自然冷媒を普及させるということを以って「エシカル環境宣言」をされました。


人物写真

(NPO)日本アジア交流センター 吉澤理事長

 続いて、NPO法人日本アジア交流センターの吉澤理事長から、人材育成事業に取り組む上で、実際の現場では何が求められているのか、現状はどうなのか、何が問題なのかについてお話し頂き、JAEBは優れた環境技術・商品・サービスを結集し、ひいては環境保全に繋いでいけるような、国際的な人材育成事業を担うことで「エシカル環境宣言」をされました。


人物写真

(一社)国際技術交流協会 川邉副理事長

 さらに(一社)国際技術交流協会 川邉副理事長から、「廃鉛電池ゼロを目指して」をスローガンに掲げ、鉛電池の長寿命化により、鉛の使用を減らし環境に貢献することを目標に、鉛電池の長寿命化用添加剤の研究をされているというお話をして頂きました。


人物写真

神谷 光德 代表理事

 最後に当機構、神谷代表理事の閉会の挨拶により大変盛会な中、閉会されました。


一つ前のページへ戻る
ページのトップへ戻る