日本環境ビジネス推進機構「第2回設立準備会」 開催報告(2014.6.12)

会場写真   

平成26年6月12日(木)、午後3時から7時まで四ツ谷のスクワール麹町にて、日本環境ビジネス推進機構設立準備会を開催しました。

国内各地から志の高い中小企業が数多く参集し、たちまち満席となり、会場には熱気が溢れていました。

山本良一東京大学名誉教授
山本良一東京大学名誉教授

地球環境の第一人者であり、同機構会長の山本良一東京大学名誉教授から急速に進む地球温暖化地獄の現状について説明があり、迫りくる危機に、マスコミ・政治家全体に危機意識が薄いこと、国民が知らないでいる現状に苛立ちさえ感じておられました。

その後、世界で最初に気候離脱(クライメイトデパーチャー)に遭遇する可能性が高いインドネシアの環境の現状について軍司氏から説明があり、報道されない他国の危機を身近に感じ、地球生命圏の危機が今そこに迫っていることを強く感じました。

我々に残された時間は少ないことから、世界に誇る我国の中小企業の環境技術の粋を集め、国内外に拡散しようと海外ネットワークを持つ有力団体にも協力を仰ぎながら行動を開始する決意を新たにした次第です。

次回イベントとして、8月26日に今度は、新橋のベルサール汐留にて、
日本経済人懇話会(会長神谷光徳)が主催する形で、山本良一先生の他、世界的植林の第一人者宮脇昭横浜国立大学名誉教授、遺伝子工学の第一人者村上和雄筑波大学名誉教授という三人の世界的科学者が集う
「次世代のためのシンポジウム2014(地球温暖化からの脱出!!「カエルの悲劇」をくりかえすな!)」を開催します。(定員千名)

優れた環境技術をお持ちの企業は無論のこと、志のある企業、個人も歓迎します。ご連絡ください。

一つ前のページへ戻る
ページのトップへ戻る